2006年09月07日

懐かしのゲーム その1 - The even more incredible machine for Mac

IncredibleMachine1.jpg


製造元:Sierra On-Line, Inc.
販売元:Sierra On-Line, Inc.
製造年月日:1993/09/30(多分)
ジャンル:Puzzle

IncredibleMachine2.jpgこのゲームは、今で言えばピタゴラスイッチみたいな物です。
ゲームクリアするための条件は、「バスケットボールをゴールに入れなさい」と言った風なもの。
プレイヤーは、用意された道具を組み合わせて条件をクリアします。
道具と言っても普通でないものも有ります。
例えば、ネズミの入ったカゴとか。(画像の3番)
これは、ネズミが回転車に入っているカゴで、物がぶつかるとネズミが回転車をぐるぐる回します。(一定時間、外的刺激が無いと停まる)
この回転車にベルトを引っかけ、ベルトコンベアのギアに引っ掛けると、ネズミのカゴにボール等が当たると結果的にベルトコンベアが動き出し、その上に何か載っていれば運ぶことが出来ます。
このようにして連鎖反応的に条件をクリアしていくわけです。

元々は、1984年にCommodore 64用ゲームとして出すはずだったみたいなのですが、別のゲームに取りかかったみたいで1992年(Wikiには1993年て書いてあるけどどっち?)に3DO,DOS用として発売。
even moreでは、面数を倍近く増やして160面として発売(と言うことは最初は100面位?)。

ゲームの入った2HDのフロッピーを見ると9.30.93の記述があるので1993年9月30日作成だか発売って事でしょうか。
米国で発売になってすぐに今は無きMacJapan誌かMacPower誌でレビューしていて、それ見て速攻で今は無き池袋のパスカルに買いに行った覚えがあります。
もう、13年も経つんですね。

このゲームは、この時代の流行のコピーガードシステムを採用していて…と言ってもコピーはし放題で、ゲームをするときにパスワードを入れないと使えない代物でした。
このパスワードと言うのは、
ゲームを起動するとゲームマニュアル(赤い細長い画像のやつがそうです)のページ番号がランダムに指定され、ページ番号の横に書いてある3つのアイコンと同じアイコンをマウスでドラッグしてパスワード用のマスに入れるというものです。
因みに、上の方眼マスの付いた絵は8ページ目で右側が下です。
ページ右上にページ数8と3つのアイコン [拳銃]、[やかん]、[子供]が描かれています。
でも、マニュアルをめくるとページがばらけそうになってきたのでパスワード一覧表を作り、それ見てました。

当時、私は、MacPlusでこれを遊んでいましたが、面数が進んでアイテムの数が増えると少し重くなるものの、かなり快適に遊ぶことが出来ました。
まぁ、白黒用ファイルではありますが。
ただ、MS-Dos版やWin版は、それとは比べものにならないくらい重かった気がします。
現在このゲームが遊べるMacは取り出しにくい状態にあるので遊んでいる画像が無いのですが、そのうち動かせたらコメントを追加して画像をアップしたいと思います。
もっとも、フロッピーが壊れていなければいいのですけど。
取り敢えず、今日は簡単な紹介まで。

(2006/09/08追記)
色々調べていたら、mini vMac見つけて「そう言えばそう言うの有ったなぁ」と思い、これで動くか試したら動きました。
FDD壊れてなかった。中のインストーラーもばっちり。
つか、The even more incredible machineのファイルがまるまる置い…あばばば。
リンクは貼りませんけど。(;´∀`)
いやぁ、mini vMac上のMac Plus。めちゃ速!
画面ちっさ。9”ってこんなもんだったっけ?縦長のような気もしたけど。
起動音って…こんなだったっけか。あはははは。人の記憶って当てにならない。
メニューが…指離すと戻っちゃうよ。(;´∀`) 懐かしい。

MacPlusFinder.png IncredibleDemo.png IncredibleStart.png IncredibleLevel1.png

画面が全て見えないのは、Mac Plusに免じてご勘弁を。
面が進むとだんだん見えない部分が広くなるので、他の大画面のMacよりも神経が研ぎ澄まされるような感じがしますね。
外れると、落胆の度合いが大きいけど、成功した時の達成感は何物にも代え難い…って大袈裟。
クリアすると、「ヒュゥ!」って感嘆の声が上がるんですけど、購入当時、「アメリカのゲームってなんて洒落ているんだろう」って思いました。
PGAゴルフだかも、ロングパット決めると大歓声で、外すと「あーっ!」ってため息出るし。
こういうリアル感が嬉しい。
posted by へじほぐ at 00:50| Comment(1) | GAME | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
文章の一部見直しと誤字修正。
Posted by 2007/05/03改訂 at 2007年05月03日 13:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。