2011年07月22日

VULKANO FLOW購入

先日と言うか1月前に、VULKANO FLOW(ボルカノ フロウ)を購入しました。
これは、TVやVideoなどの映像機器からの映像と音声をネットワークを介して、パソコンやiPhoneなどで視聴できるようにする送信装置です。
親の「居間のTVの映像を自分の部屋で観たい」と言う要望に、無線で小型モニターに映像を飛ばす装置で対応していたのですが、2.4GHz帯を使うので電子レンジやWi-Fiと干渉し映像がよく乱れて不満たらたらでした。
そんな訳で、無線に頼らない送信装置を探してみました。
当初は、過去の記憶からSlingboxが候補に上がったのですが、最近のSlingbox PRO-HDではウェブブラウザに専用プラグインを入れるだけで視聴出来るものの(但し、iPhoneなどのMobile携帯端末は、専用アプリケーションが必要)インターネット接続が必須でSlingbox.comに接続しないと視聴出来ない仕組みの模様。
これではサービスがメンテナンス中だったり停止したりすると使えなくなるので、「このトラブルに自分で判断&対応出来ない親から文句が出そうだ」と思い他を当たったところVULKANO FLOWに辿り着きました。
IOプラザで輸入販売しており、

・12800円と値段が手頃。
(Slingbox PRO-HDの半値)
・ローカルネットワークで使用可。
・HD再生にも対応。(但し、アナログ)
・無料の専用アプリケーションで視聴。
(iPhoneなどのモバイル端末は1500円の有償アプリで視聴可)

少し不満な点を挙げると
・電源が内蔵ではなく、電源スイッチも無い。
ACアダプターをコンセントから抜くのは面倒。
スイッチ付きタップが必要。
・軽いが幅広くデカイ。
薄型TVだと置き場所に困ります。
・HD入出力インターフェースがRCAピンのコンポーネントなので、D端子しかない映像装置だと付属のケーブルが使えず変換ケーブルが必要。
(どのみち、コンポーネントケーブルが1組要りますけど)
・コンポーネント出力なので、2011年1月から製造のBD機器では、アナログでの出力はSDまでに制限されるので魅力半減。
と言うかコンポーネント出力が3年後位に廃止になる様なのですが。
まぁ、その時には別な物が出るとは思うので、今を楽しめと言う事かと。

VULKANO FLOWから直接無線で飛ばすのは面倒なのと親は無線環境に無いので、有線LANで接続してみました。
コンポーネントケーブルが無かったのでSD出力での使用でしたが、父共々満足する画質でした。
別作業しながらの視聴がメインなので十分です。
PC、Mac、iPhoneのどれも画像の途切れが無くいい感じです。
iPhoneは別のルーターとWi-Fiで継ないで接続。
1台につき1人だけが視聴出来るので誰かが観ていると観られないのが残念ですね。
付属のセンサーを取り付けると、ある程度のリモコン操作が出来ます。
チャンネルの遠隔切り替えも可能です。
ちょっと反応悪いし設定が面倒ですが。
何はともあれ、コレは中々良いのでは無いでしょうか?
posted by へじほぐ at 16:02| Comment(1) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
net-TVボックスを紹介しています。

現在の環境と比べていただけませんか。

ご連絡をお待ちしております。
Posted by net-TVボックス at 2013年06月14日 10:56
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。