2011年04月22日

iPhone trackerを使ってみた

巷で話題のiPhone trackerを使ってみました。
iPhoneは、使った場所の位置情報が勝手に保存されるようになっているようで、iTunes経由でMacにも保存されるようです。
この事を問題提起するために、保存されている位置情報を地図上に表示させるiPhone trackerが公開されています。

試しに使ってみましたが、面白いと思う反面怖くもあります。
大雑把な位置ではありますが、iPhoneを買ってからの自分の行動が思いっきり判ってしまいますので。
主にどこに行っているかと言うのが明らかです。
これが何処かに知らぬ間に送信されているとしたら嫌ですね。
平文で保存されていると言う事でAppleがしなくても他の悪意有る人がSpywearを作る事も多いに考えられます。
「iPhoneのバックアップを暗号化」はデフォルトですね。
「この手の話(位置情報の取得)はGoogleこそやりそうなんだけど」と思ってたら、Androidも取得&1時間に数回、名前、位置情報、近くのWi-Fiネットワークの信号強度を送信してるよんと言う記事がThe Wall Street Journalに載ってました。
んで、AppleはGPS座標を含む位置情報を12時間毎に送信していると。
(;´Д`) あ〜。
posted by へじほぐ at 23:42| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。