2011年01月19日

ナスカに新たな地上絵発見のニュースを見て

山形大人文学部の坂井正人教授の研究チームが2011/01/18にペルーのナスカで「人の頭」と「動物」の地上絵を新たに発見したというニュースで、出てきた写真を見て「確かに顔に見えるね」と相づちを打っていたものの、教授の「人の頭」の説明を聞いて、「ええっ?そっちから見るの?」と思ったのは自分だけではないはず。
posted by へじほぐ at 23:52| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。