2010年11月11日

演劇 松平健の忠臣蔵

11/09に松平健の忠臣蔵を博多座に観に行ってきました。 博多座には初めて行ったのですが、とても綺麗で舞台も近く良い劇場でした。 2階席は切り立って並ぶので、階段が少々怖いです。
こういう時代劇の演劇を劇場で観るのは初めてで勝手が判らず戸惑いましたが普通に観てて問題無くほっとしました。 なんかお約束が有るのか気になったもので。 忠臣蔵は、とても素晴らしいものでした。 演技の質もさることながら、明暗の使い方が絶妙でした。 また、演劇として当然の事ではあるものの、会話をしている人達以外の演技が無理無く自然で、場に臨場感を与えてくれます。
劇が終わるとショーの始まりです。 着物でハイテンポな踊りに歌、あちこちからせり上がったり、降りて行ったりで、眼が追っつきません。
暴れん坊将軍を健さんが歌う時のバックの侍ダンサーの裃が色分けされてて、「ニセ(仮面)ライダーかよ」とか思いました。おもろい。 そして、最後はお待ちかねの「マツケンサンバ2」
電飾付き衣装の目映い健さんの登場で会場が普通「わー!」って沸く所で、「おー!?」って驚愕の声になってて笑いました。 もう、眩しいよ健さん! 健さんノリノリで愉しませてくれます。
リズミカルな音楽とみんなの笑顔でなんかウキウキします。
いやはや、こんなに愉しいとは思いませんでした。 招待券貰った時はどうしようかと思いましたけど行って良かったです。


忠臣蔵1

忠臣蔵2
posted by へじほぐ at 20:52| Comment(1) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
いいですねぇ、生マツケン。
劇もショーも完成度が高そうですね。
違う世界が見られそうで、行ってみたいです。
Posted by HIT at 2010年11月14日 17:44
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。