2010年11月04日

Snow Leopardで使いたい古いもの

Snow Leopardと言うか、Mac OSXで使いたい古いものがあって、もう何年も解決策を当たってたのですが、最近解決の目処が立ってきたので試したいと思っています。
使いたい古いものと言うのは2つ有り、
1つは、Quicktake 150
1つは、Paperport Strobe Pro
前者は、Apple純正のデジタルカメラで、後者は、Visioneer製のSCSI スキャナーです。
どちらも今となっては古くて性能も良いものではありませんが、どちらもデザインがとても良いし、後者に至っては、紙を本体に差し込むとスキャンアプリケーションが起動して読み込み、ファイリングしてくれるという、とても使い勝手の良いデータ整理の友でした。 まぁ、OS9が動くMacであれば使えるのですが、折角なのでSnow Leopardで使いたいところ。
なのですが、前者は、USB<->RS422 の変換を行うKeyspanのUSA28Xが部屋のどこにあるのか見当たらず、後者は、Firewire<->SCSIの変換を行うRatoc System製のFireREX1は手元に有るもののPaperport Strobe Proが見当たらないという。
そんなわけで、当分手が付けられませんが、何とか探して試したいと思う今日この頃です。
posted by へじほぐ at 23:50| Comment(0) | MAC | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。