2010年09月16日

映画 ボローニャの夕暮れ

先日、ボローニャの夕暮れをKBCシネマ2に観に行きました。

【あらすじ】
1938年。第二次世界大戦が始まる少し前のイタリアのボローニャ。 ジョヴァンナは、引っ込み思案で人と話すのが苦手な女の子。 そんなジョヴァンナを彼女が通う高校の美術教師をしている父親のミケーレは溺愛しており、なんとか男の子とつきあえるように励ましたり策を講じたりしていた。 ある日、ジョヴァンナが人気者の男子生徒ダマストリと話をしているのを見かけたミケーレは、彼にミケーレの票次第で進級出来るかどうか決まることを伝え、今後まじめに勉強し娘とも良い関係でいてくれるなら進級に働きかけようと持ちかける。 更に、ジョヴァンナには、ダマストリが彼女に気があるようなことを仄めかして彼女をたきつけた。 その事もあり、ジョヴァンナは彼が自分に気があると思い込み、執拗に付きまとうようになっていった。 しかし、唯一の友人のマルチェッラの家でのパーティで舞い上がり酒を飲み、彼に自分とだけ踊るように強要するも断られ、自暴自棄になり暴れてしまう。 そして、次の日、体育館倉庫でマルチェッラの他殺死体が見つかる。 容疑者は、ジョヴァンナだった。 娘の犯行ではないと信じ続けるミケーレ。 一方、妻のデリアはミケーレの安易な行動がジャヴァンナを間違った道に進ませたと責める。 そして、事態はミケーレの願いを打ち壊すように進んでいく。
【感想】
ミケーレの見事なまでの親馬鹿っぷりに呆れますが、娘を思う気持ちは本物で、「自分は悪くない。他人が悪い。」という考えを持つ娘に真摯に向き合い、最後まで逃げ出さずに行動する姿は天晴れだと思います。 自分の馬鹿さ加減に気付き、娘に申し訳ないと思う贖罪ともいえる行動なのかと思ってましたが、それだけではなく、娘を愛するが故の、母親が娘を見捨てただけに尚更、「自分だけは味方だ」と強い想いを抱いて接している感じがします。 とは言え、職を失って、更に戦争が始まり、遠くの施設に収容されている娘に合う手段が絶たれる前に、近くに引っ越しますが、生活出来ているあたり、なんか都合が良すぎると思いました。
この映画は、当時のイタリアの生活風景が判って(本当にそうなのか判りませんが)面白いです。 ムッソリーニによるファシスト党が支配しており、ミケーレの友人の警察官も夫婦共にファシスト党員のようでした。 警察は、洋服屋では優先して入れ、更に安く服が変え、映画館にはただで入っているのが印象的でした。 ミケーレ一家も、その恩恵を受けていたわけですが。 最後は、ハッピーエンドなのですが、良かったと思う反面、どうにも釈然としない気持ちも有って良い映画なんですけどモヤモヤしてしまいました。
特に、ミケーレの行動を見ていると、娘のためとは言えさらっと酷いことを言っていたりするんですね。 最後の方でそれがあったので、余計、モヤモヤしてしまいました。
ちょっと、お勧めしにくいですが、気になるようであれば観に行かれると良いです。
posted by へじほぐ at 19:44| Comment(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。