2010年07月14日

iPhone SafariとPDF

iOS4になってiBooksに対応し、PDFが気軽に取り込めるようになりました。
その結果なのか、iPhoneのSafariに微妙な変化が起きているのですが、割と気付かない人も居るかも知れません。
それは、SafariでWeb上のPDFへのリンクをクリックした際に、PDFを開くためのPDF対応アプリが選べ、ダウンロード出来ることです。
割と便利。(OS3.xの頃からありましたっけ?)
SafariとPDF1
右の「iBooksで開く」ボタンは対応アプリのリストTOPにあるアプリ、もしくは、前回に選んだアプリが表示される。
左の「次の方法で開く...」ボタンをクリックすると(写真でポップアップしている)「PDF対応アプリのリスト」がポップアップする。
私の例では、「iBooks」「Notebooks」「ACTPrinter」「iFiles」の4つ。
現在デフォルトなのがiBooksで、アイコンが付いている。
但し、このアイコンはiFilesのものです。
どうやら、リストの一番下のアイコンが間違って付くというバグがあるようです。


「iBooksで開く」を選ぶとiBooksの本棚に格納されます。
SafariとPDF2

iBooksの本棚からPDFを選ぶとこんな感じに表示される。
SafariとPDF3
他のアプリで開いた後の「次の方法で開く...」のポップアップの変化。
右のボタンのデフォルトアプリも変化しています。
SafariとPDF4

SafariとPDF5

SafariとPDF6

対応アプリの順番は基本的に変わらず、選択されたアプリがTOPに移動して他のアプリが詰められる感じ。
なので、一番下のアプリを選ばない限り、一番下のアプリは変化しない。
この例では、iFilesが一番下。
iFilesを選んだ時、アイコンがその時の一番下にある「ACTPrinter」のものとなっている。
posted by へじほぐ at 21:18| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。