2009年11月22日

iPhoneの日本語変換は難読地名に強い?

先日、バスで佐賀に行った折に読み方が分からなかったり意外な読み方をしていたバス停が有ったのでiPhoneでメモを取っていたのですが、バス停に書いてあったローマ字表記のまま打つと普通に表示されたのでびっくり。

それはこれ。
神辺町(こうのえまち)
金立(きんりゅう)
高志(こうし)

意外に難読地名に強いのかなと思って西鉄大牟田線の駅を幾つか試す。
雑餉隈(ざっしょのくま)
都府楼(とふろう)
小郡(おごおり)
三潴(みずま)
むぅ。この程度はぬるいという事か。

そう言えば、「別府」という地名は一般的に大分県別府市の”べっぷ”が有名ですが、福岡や宮崎・鹿児島では違う読み方をする事を思い出して試すと。
別府(べふ)…福岡県
別府(びゅう)…宮崎県・鹿児島県(”びゆう”とか”びょう”では出ませんでした)
宮崎の海岸付近の岩礁には”はえ”とか”ばえ”の付くものが多かったっけ。
八重(はえ)…”ばえ”では出なかった。
これは普通だったかな。

全国のマイナーな難読地名(又は意外な読みの地名)を打ってみる。
豊見城(とみぐすく)
東山(あがりやま)
遠刈田(とおがった)
文里(もり)
新田原(にゅうたばる)
我如古(がねこ)
保栄茂(びん)
南風原(はえばる)
日当山(ひなたやま)
祁答院(けどういん)
真幸(まさき)
六合村(くにむら)
光岡(てるおか)
二月田(にがつでん)
慈眼寺(じげんじ)
歯舞(はぼまい)
和邇(わに)
疋田(ひきだ)
動橋(いぶりはし)
王子保(おうしお)

出ない地名もありますけど割合出るもんですね。
まぁ、市・町の規模までは必ず収録しているのかもですが。
とは言え、試しに入れてみると良いかもね。
勿論、読み方が分かっている事が前提です。
posted by へじほぐ at 18:37| Comment(0) | iPhone | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。