2008年10月24日

粘着テープ剥がしでX線発生-Nature誌

10/24(金)の西日本新聞 朝刊によると、「市販のセロハンテープを勢いよく剥がすと、瞬間的にX線が発生し、その強さは指の骨を透視撮影できるほどであることを米カリフォルニア大の研究チームが突き止め、10/23付けの英科学誌Natureに発表した」とのこと。
西日本新聞Web版はこちらの記事(期間が過ぎると見られなくなることがあります)
Web版Nature誌Asia-Pacific版
掲載号:「Volume 455 Number 7216 23 Oct 2008」
分類 :「Letters to Nature」
日本語要約を読むには、アカウント登録が必要です。
要約内容はpdf(訳文)とたいして違いません。微妙に違いますけど。
pdfは、Winではどうか判りませんがMacだとリンクをクリックすると「Full Text」のリンク先と同じNature誌英文ページの記事に飛びますので、リンク先をダウンロードするようにすると良いです。
実験の模様の動画(pdf内にもアドレス書いてあります)
摩擦や応力を掛けることにより光が発生することは物理をやっている人なら、おおよそ知っている事だと思いますが、X線が出ることがあるというのには驚きました。
動画見ると、胡散臭く見えるんですけど…。
今後の検証実験や新情報が楽しみです。


posted by へじほぐ at 23:56| Comment(0) | 科学 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。